自宅設備

ダイヘンデジタルTIG溶接機DA300購入しました。。。

更新日:

ダイヘンデジタルTIG DA300購入。。。

おかげさまで最近溶接をお願いされる事が増えてきました。。。

スポンサーリンク

今までTIG溶接でのお手伝いには中華や古い溶接機で対応していたのですが、オヤジの溶接を見ていた先輩達がふと実際中華とか古い溶接機で大丈夫なの?と言われ、腕があるから大丈夫です!とキリッっと答え、腕は信用するけど溶接機が信用ならないと先輩逹からのキツイ一言に傷つきじゃ買おうかな(オヤジバカなんです)と妻に相談。。。いい加減にしろ!そんなお金どこにあるの!家には子供がいるのよ!!!と妻に怒られ(当然)

でも買う気満々になっていたオヤジは反対を押し切りそこは禁断のローンで。。。組んでしまいました。。。当然支払いは自分のお小遣いで何とかしないといけません(笑)もうこれから支払い終わるまで小遣いがありません。。。てことは

格安で溶接のお困り事をお手伝いします!何かお困りないですか?{自業自得}になってしまうのでした。。。

と冗談はこのくらいにして一番気になる

使用感

この溶接機の一番の売りは何のでしょう。。。Panasonicはカタログを見る限りアルミ溶接一押しみたいですが。。。ダイヘンはカタログを見てもPanasonicほどガンガン押してくる感じがありません(個人的感想)

買うまで両社のカタログ見ながらニヤニヤしていたのは言うまでもありません。。。(笑)

ではなぜこの機種買ったのかと言うと、半自動溶接機がダイヘンデジタルだから合わせる!も理由なんですが交流周波数を上げても溶け込みが変わらないと書いてあった事です。Panasonicは周波数を上げれば幅は変わらず溶け込みが減少するようです。。。これはこれでいい機能だなとは思いました。実際Panasonic  デジタルtig溶接機は知り合いの社長さんが所有していて試しにアルミ溶接で使わせてもらいました。当然最高でした。。。

ダイヘンも使用した事はあるのですが細かく弄ったことが無く使ってみたい欲求にかられ決めました!!!

直流。。。

うーん。。。ほとんどいつもの直流です。。。この溶接機のパルスはサイレントパルス?歪に効くようです!確かにアナログにはない機械的なきれの良い電気の上下気持ちいい、素晴らしい(笑)

交流。。。

実際アナログとの違いがあるなら交流。。。アルミ溶接ですね!

確かにアナログとは全然違います!周波数を変えると一気に溶接の感じが変わります!集中するとカタログに書いてある通り集中します(笑)なかなかいいですよ!

とここで終わったら普通のレビューです。。。

越後工作、溶接加工マニアの越後オヤジはこれから同じ人間がダイヘン最高峰の高級tig溶接機と中国の安価なtig溶接機を使用した場合の性能差、溶接の仕上がりなどを比べてチェックしてみたいと思います(笑)

DA300の肩慣らしにアルミ缶を溶接してみました。

デジタルはアルミ溶接やりやすいです!

簡単にアルミ缶溶接出来ました!

-自宅設備

Copyright© 越後工作 ある日妻が溶接始めました。 , 2019 All Rights Reserved.