オヤジロク

これからの製造業。。。

どうなる今後の製造業。。。

日本の製造業は将来どうなっていくのでしょう。。。

オヤジも事業主なので世の中の行く方向性を凄く気にしています。

オヤジは製造業が大きく変わるかも。。。なんて思っています。

特に働き方改革が始まり人材不足からの最低賃金の上昇は会社の中身を変えるきっかけになる可能性があるなんて思っています。

スポンサーリンク

日本のGDPは上がらず30年間デフレが続いてここへ来ての消費税増税。。。

まずオヤジが一番事業を始めて思ったのがリスクが半端じゃないという事。

これは独立したのだから当たり前という事では無く、借金と経営のバランスが非常に厳しいという事です。

この辺は成功者でもないオヤジなので説得力はありませんが、投資(設備、人材)の割りに回収までに時間がかかりすぎるまたは回収出来ないからだと思われます。

この辺は実力のないやつが悪いと言ってしまえば簡単です。

しかし日本の会社の半分は赤字と言われる現状を考えてみてください(笑)

わりとその通りだと思います。。。

会社の経費の中で一番重いのは人件費です。

オヤジは人件費も投資だと思います。

若い人材を雇っていく

スポンサーリンク

人件費という正社員投資を積極的に行っていけるかがカギになると思いますが体力がある企業がどれだけあるかなと思っています。

力の無い中小零細なんかはギリギリで運転資金を借りている所も多いでしょう。

働き方改革もあり、増税ありでどんどん会社には体力がなくなっています。

内部留保なんて言ってられるのは限られた会社だけでは無いでしょうか。。。

今後製造業は優秀は人だけを残してリストラしたり非正規や外国人を雇ったりと様変わりしそうな感じがします。

ここで今流行のAI・IOTなんかが絡んでくるのかなと。。。

近年外国では自動化がかなり進んでいると聞きます。

自動化の先は無人化と言われています。

明治時代は仕事の95%が農業だったが現在農業は5%らしいです。

こんな感じで世の中は変わっていってます。

人類としての未来は明るいでしょうが製造業の正社員95%が50%になるかもしれないとビビッている越後オヤジでした。

 

-オヤジロク

Copyright© 越後工作 ある日妻が溶接始めました。 , 2020 All Rights Reserved.